円形脱毛症になる原因は

頭部に円形や楕円形の脱毛班が生じる円形脱毛症は、老若男女を問わず誰にでも突然訪れる症状です。
一般的には10円玉程度の大きさの脱毛がみられることが多いのですが、重症化すると脱毛が頭部全体に広がったり、まゆ毛などの体毛にまで症状が広がってしまうこともある厄介な病気です。

円形脱毛症になる原因はいくつかあります。

よく知られているのは精神的なストレスによるものです。
強いストレスを長期にわたって受け続けていると、身体の交感神経が刺激され異常をきたすことがあります。交感神経は、ストレスと闘うために心臓や肺の機能を高めたり、体温を上げたりする機能があるのですが、この交感神経に異常がでてしまうと頭部への血流が悪くなり、毛根への栄養補給が十分に行われず脱毛症状を引き起こすのです。

また円形脱毛症は自己免疫疾患であるという説も有力です。

外部からの侵入物に対して対抗する身体の免疫機能に異常をきたし、毛根すらも異物と捉えて攻撃してしまうというのです。

さらにアトピー性皮膚炎や気管支炎など、アトピーに素因する病気をもっているひとも、円形脱毛症にかかりやすいとされています。

これらの他にも、女性の場合は出産後のホルモンバランスの変化により、円形脱毛症になることがあるほか、遺伝的な要素で症状が発生しやすくなるとも言われています。
もちろん脱毛の原因は一つだけでなく、上記にあげたものが複合的に絡み合っていることも多々あります。


埼玉県のインプラントに関する情報を提供中です。

リフトアップについて悩んでいませんか。

今話題の心斎橋のニキビ治療の皮膚科は絶大な支持を受けています。

今、話題の便利な心斎橋のニキビ跡の情報はこちらのサイトがオススメです。