赤ちゃんの夜泣きはどうしておこるの?

赤ちゃんの夜泣きは原因が様々です。

新生児のころは、夜と昼の区別が付かず、昼寝て夜起きることが良くあります。

赤ちゃんが夜泣きの情報を掲載しませんか。

生後3か月を過ぎるとある程度は夜まとまって寝るようになります。



しかし、赤ちゃんはちょっとしたことで夜泣きをします。

暑すぎる、お腹がすいた、のどが渇いた、おむつが濡れたなどの生理的理由がほとんどです。

また大人のように睡眠サイクルが整っておらず、浅い眠りの時に目が覚めてしまうことがあります。
また、昼間の体験が夢となって夜ないてしてしまうとも考えられています。

赤ちゃんが夜泣きをするときの対処法としては、まず原因を取り除いてあげることです。


特に原因がなければ、部屋を暗くしたまま優しく抱っこをします。

今は寝る時間だと分からせるために、薄暗い照明にしたまま寝かし付けましょう。


朝晩のリズムをつけることも大切です。朝はカーテンをあけて日の光を取り入れる、昼間はお散歩などで気分転換をはかる、夜は早めに暗くして寝る時間だと分からせます。


テレビやスマホなどのブルーライトと呼ばれる光は赤ちゃんには刺激が強すぎるので、寝る前には見せてはいけません。

また夜泣きするからといって夜のドライブやお散歩は良くありません。

夜の外出は赤ちゃんには刺激が強すぎます。
夜のネオンや、対向車の灯り、街灯の光などはかえって刺激が強すぎて眠れなくなることがあります。
遅くても2歳を過ぎるころにはほとんどの子供が夜泣きを卒業します。

からきゅれに関する予備知識の情報が満載です。

昼間たくさん遊ばせて、夜ぐっすり寝てくれるようにしましょう。